3171 日目...


―いつまでも、君のことを待ってるよ。

またどうか、苦しいくらいに愛情を注いで。



* * *



ずっとお待ちしておりました。

当サイトでは主に薄桜鬼の
夢小説を取り扱っております。
(只今準備中)

初めてお越しになった方は
ぜひ「一」←をお読み下さい。

ごゆっくりどうぞ(*`ω´*)



   







ブックマーク|教える




©フォレストページ