□ブックタイトル
君に捧げる子守唄

□執筆開始日
2006年01月31日

□カテゴリー
小説
 ドリーム

□概要
楽しい時間はあっという間に過ぎてくけど
この瞬間は永遠に続くんじゃないか、なんて
馬鹿みたいな錯覚に
陥ってしまいそうだった

□読者へのメッセージ
スパイラル〜推理の絆〜のミズシロ火澄夢小説です。
彼が月臣で過ごした二週間に、少しでも多くの光を。


[戻る]
[TOPへ]





カスタマイズ


©フォレストページ