舞台裏

□同期3
1ページ/5ページ

一日自習だった日の翌日、実技実習のペアを組むボリスを待つため、ニコライは実習車の中にいた。
『遅いなあ…
 どうしたんだろう?
 特に連絡は無かったけど、具合でも悪くなったのかな』
そんなことをツラツラ考えていると、寮の扉からレオニードが出てくるのが見えた。
ボリスも一緒にいる。

しかし、自分の車に向かって歩いてくるのは、レオニードであった。
助手席のドアを開け、乗り込んでくる。
ビックリした顔のニコライに向かい
「ボリスと変更してもらっちゃった。」
いつものように悪戯っぽく、ニヒヒっと笑う。

「教官に許可とらなくて大丈夫かな。」
少し困った顔のニコライに
「今日は狙撃実習が主だから、誰の車に乗ってたって変わりゃしないし、直前に言えば大丈夫だよ。」
レオニードは気楽な口調で言う。
「そうだね。」
ニコライは頷き、そのまま車を発進させる。

「オレさー、次の約束も取り付けられず、すんなり去られたの初めてかも。」
「え?」
一瞬、何のことを言われているかわからないニコライであったが、昨日の自分のことか、とすぐ思い至った。
「あ、ごめん。
 すぐに誘うのも不躾かなって。」
真っ赤になりながら、しどろもどろに弁解する。

「お前って、面白い奴。
 ちょっと、気に入っちゃった。」
クスクスと笑いながら、楽しそうな顔でレオニードは言う。
『純なお坊っちゃんだな、こいつ
 一緒にいると、何か癒されるなー』
自分の言葉で益々赤くなるニコライを見て、レオニードはそんな事を思った。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ