舞台裏

□同期5
1ページ/6ページ

新規生のペアが発表される。
『運転組・ニコライ=ラベラスキー』
その隣には
『狙撃組・レオニード=チカロフ』
の文字が並んでいた。

自分とペアを組みたがってくれる者がいるのか、と不安ばかり感じていた頃が嘘のようで、ニコライは幸せな気持ちになる。
一緒に発表を見にきたレオニードも、ホッとした表情を見せた。

「良かった。
 オレ成績悪いから、ちっと心配だったんだ。
 お前、学科も実技も良いからさ。」
「僕こそ心配だったよ。
 君と組みたがってる人、沢山いたからね。
 ペア希望出してくれて、ありがとう。」
ニコライは心から言った。

「寮も同室希望出そうぜ。
 そしたらさ、終わった後、時間気にしないで一緒に居られるじゃん。」
レオニードが甘えるように、ニコライの肩に頬を擦り寄せながら言う。
「うん。」
ニコライも、そんなレオニードのブロンドの髪に頬を擦り寄せた。

2人の後ろから
「人前で、何イチャイチャしてんだよ。」
と声をかけてきた者がいた。
「いーじゃん、幸せなんだもん。」
レオニードがニコライに腕を絡ませたまま振り返ると、そこにはコプチェフがいる。
こちらも喜色満面だ。

「良かったじゃん、お前もボリスと組めて。
 オレのおかげだからな!!
 何か奢れよ!」
ニヒヒっとレオニードは笑う。
「お前、まだ俺からむしり取る気かよ。」
コプチェフに笑いながら言われても
「今までのは『クジ引いて当たった』んだろ?」
レオニードはシレッとした顔で答えた。
「そうだったな。
 どうやってんだか知らねーけど、これからも頼むわ。」
そんな2人のやり取りを、キョトンとした顔でニコライが見ている。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ