空の下でー


そろそろ諦めた方がいいのかな…
色々考えていると
いつの間にか放課後になっていた
優「心ー帰るよー!」
心 『あ、うん…』

優「今日はずっとボーッとしてた ね、心」
心『え…いや、そうかな…?』


外に出ると変わらず
キレイな空だった…


優「どっかで会えたらいいね…」心「…」


それからしばらく2人は無言で
歩いた

…優、話しにくいのかな…


駅のホームでも
ボーッとしてると優が話しかけてきた

優「あ…あれ?心…あれ見て」
心『え…?』

優が指を指した方向を見た

心『え…太一?』
優『 太一君かな?』

あの頃と同じ制服
身長 顔…
背は高い

心は少しずつ歩いて太一と思われる男の人がに近寄った

心『太一…?』
?「ん?」
心『太一なの?』
?「心?」

その男の人は太一だった

太「心じゃん!優もいる!」
心『太一〜
優「こんにちわ!」

心は無意識のうちに
太一にしがみついていた

ぎゅっ…

太「こ…心…////」
心『会いたかった…』

駅のホームで密着してる
2人がいると周りの目線が
集まる

太「心…(なでなで」
太「縮んだ?(笑)」
心『た…太一がでかいだけ!』
太「ははっ(笑)そっか!」

まるで兄妹のように
仲良く接する2人

優は優しい目で見ていた

心『太一は好きな人とか…』
太「彼女いる」
心『え…』

自分から聞いたのに
答えを聞いて固まった

心『たい…ち』

心は半泣きになっていた
…片想いか…


優「心……」
太「えっ…心?」
心『ごめん…』

そう言い残して走った
…やだ…
…太一に彼女がいるなんて…

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ