サクライロの時間飛躍

勝手に私小説です。
夢小説とか書いてんのに初っ端から
私小説とかふざけてんじゃねぇよ!!

とか思われるのは当たり前でして、

ここで腹が立ってしまった方は表紙を開いて
嵐丸の駄文を読むとさらに
腹の虫が収まらなくなっていまいますので、

先に忠告しておきます。

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ