CP無/OTHER

□140文字
1ページ/6ページ


泣いていいよ、背中合わせで。君が泣き止んだら忘れるから。強がらないで。傍にいさせて。
伸ばされる手を取っていたら、世界は何か変わったろうか。

認めるにはプライドと恐怖が邪魔で、否定するには勇気が足りなかった。
ごめんね、苦しませただけで。
でも、あいしていたんだ、ずっと。





***





愛とか恋とかだなんて、ただの戯れ言だと思っていた。
ただ一人きり愛した人はいなくなってしまった。突き放したまま、さよならも言えずに。
だからもう、傷付けないように。傷付かないように。
そう願っていた、のに。


「…あいしてるよ」


(きっと裏切りなんだろう)





***





醜いと、浅ましいと、どうか罵って嫌って欲しい。
手を伸ばすことはできなくて、けれど手を離すこともできなくて、そんな臆病で卑怯な自分を、どうか永久に忘れて欲しい。

彼が消えた翌日に届いた手紙には、ただそれだけが書いてあった。
―――嗚呼、ねぇ、君の泣きそうな表情だけが離れない。





***





「好きだよ」
「…どしたの突然」
「愛してる」
「酔ってる?」

困ったように笑う彼の唇に、初めて自分からそっと口付けた。
彼は驚いたように息を呑んで、ああと少し息を吐いて、そうしてさよならと泣いた。



どうかどうかわすれないでと、いまはただそれだけをねがっているよ。





***





「ねェ土方さん、首筋にキスすんのは執着の現れなんだそうですぜィ」

「…それが何だよ」

「いやぁ、土方コノヤローに執着する物好きもいるんだなぁと思いやして」

「!」

「どうしたんですかィ首なんか隠して。俺ァただ豆知識を教えてやっただけなんだけどなァ」

「ッ、てめ、総悟!」





***





銀時「おっ」
土方「よぉ」
銀時「偶然だな」
銀時「ああ。…なぁ、銀時?」
銀時「なに?」
銀時「今日、家行っていいか」
銀時「! 勿論!でもどしたの突然」
銀時「いや、その…最近冷たくしすぎたかと思って、て」
銀時「土方…!」


新八「…銀さん」
銀時「だって…だって…!」





***





一人きり抱え込むのはお前の悪い癖だよなと、世界を明るく染めてくれたあの人は笑っていた。
もっと俺達を頼ってくれと、世界を暖めてくれた人は苦笑していた。
――でも、嗚呼、どうして助けてなんて言えるだろう。
穢れた罪の重さを、きっと誰も知りはしないのだ。


【彼女を殺めた未来の話】





***





(ヘタレ×男前)



「なっ、なぁ土方、俺のこと、その、す、好き?」

「は?意味分かんねー」

「いいから!」

「まあ…好き」

「マジで!?」

「嘘」

「土方ぁ…」

「愛してる」

「! 俺も!俺も愛してる!」
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ